お葬式の形式による礼儀作法の違い

お葬式は宗教や宗派それぞれで形式が異なり、それに伴い礼儀作法にも違いがあります。特に仏教は、宗派ごとに全ての礼儀作法を完璧に覚えるのは非常に大変ですので、まずは実家や親族の宗派の礼儀作法をマスターしてから、必要に応じてその都度少しずつ覚えていけばよいでしょう。故人や遺族に対して、失礼にあたるようなふるまいでなければ問題ありませんので、慌てずに落ち着いた所作を心がけてください。

仏教のお葬式に参列して最も礼儀作法がわからないと困るのは、何といっても焼香です。焼香は宗派によって額にいただくかどうかや回数に微妙な違いがあり、なかなか覚えにくいものです。参列者全員に順番が回ってきますので、ごまかせず、間違ったやり方をして遺族や年配の参列者に見られてしまい、恥をかいてしまうのではないかと変に緊張してしまう方もいます。お寺でのお葬式なら事前に宗派がわかるので調べれば対応できますが、葬儀場の場合は行ってみるまでわかりませんので、前の人のやり方を見て真似をしましょう。また、合掌と数珠の持ち方にも少し違いが見られます。

ちなみに神道やキリスト教の場合は、焼香の代わりに玉串やお花を捧げます。さらに仏教との大きな違いは合掌をせず、神道では二礼二拍手一礼をします。キリスト教は献花の際に合掌も礼もしませんが、神に祈りを捧げるときには胸の前で手を合わせることがあります。このように故人とのお別れにはどんな宗教や宗派にも礼儀作法がありますので、時間を見つけて確認してみましょう。