お葬式に参列する際の服装と持ち物

お葬式に喪服を着るのは周知の事実ですが、遺族ではなく参列する立場でしたら黒靴に地味な色の平服でも失礼にはなりません。例えば仕事帰りに急いでお葬式に直行しなければならない状況に陥ったら、わざわざ着替えて遅刻するよりも平服で駆けつける方がずっと誠意を感じられます。ただし女性の場合は、結婚指輪以外のアクセサリーを外し、黒いストッキングを着用するようにしてください。

服装はもちろんですが、お葬式に必要な持ち物にも気を配りましょう。特に仏教のお葬式に参列するなら、数珠は必須アイテムです。数珠は厄除けのお守りでもありますので、決して貸し借りをしてはいけません。社会人になると同時に、自分用の数珠を持っておくといざというときに困りません。自分の宗派の数珠を、他の宗派のお葬式に持参するのは失礼ではありません。意外と盲点なのがふくさで、香典はふくさに包むのが正しい礼儀です。ふくさはなるべく地味な色のものを選ぶようにし、弔事用と慶事用の包み方がそれぞれありますので、間違わないよう気をつけましょう。台付きのふくさであれば、爪が左側にくるようにしてたたみます。

そして香典の表書きについて、仏教は御香典や御香料、神道は御玉串料や御神前、キリスト教ならプロテスタントは御花料でカトリックは御ミサ料となっています。御霊前という言葉は、プロテスタントにのみ使用できません。また、蓮の花が描かれている香典袋は仏教にしか使えず、キリスト教の不祝儀袋に水引は必要ありませんので気をつけましょう。