お葬式でのお悔やみの言葉や弔電

お葬式で一番気を遣うべきなのが、遺族に対してかけるお悔やみの言葉です。特に家族ぐるみで交流があったくらい親しい間柄の人が亡くなったら、何と言っていいのかわからないのが多くの人の本音です。ましてや大切な人を失った遺族の悲しみは計り知れませんが、自身が故人を偲ぶ気持ちと重ね合わせながら心をこめてお悔やみの言葉を伝えましょう。

お葬式で声をかける際には、短めの内容を小さめの声で伝えるのが礼儀です。もし故人への思い出で胸がいっぱいになっていたとしても、お葬式には多くの人が参列しておりますので、長く話すと忙しい遺族の時間を割いてしまいかえって迷惑になります。また、お葬式の場で明るく大きな声で話すのはふさわしくありませんので、声のトーンは通常時よりも抑えてください。さらに留意すべきなのが、かける言葉の選択です。宗教によって言い回しはある程度決まっており、逆に使ってはいけない言葉もあります。遺族の気に障ることのないよう、なるべく事前に調べておくのが得策です。

弔電を送る場合にも、不吉な言葉や重ね言葉などの忌み言葉に十分気をつけましょう。また弔電では、喪主の立場からの故人の続柄を用いますので正しく使ってください。弔電ならではの敬称がありますので、確認した上で表記しましょう。弔電については、電報業者やインターネットからふさわしい文例を使っても失礼ではありません。たまに起こる失敗として、故人と喪主の名前を間違って逆に表記するという実例がありますが、これ以上失礼なことはありませんので最大の注意を払ってください。