お葬式に本当に必要なもの

お葬式に本当に必要なもの かけがえのない特別な人の死について考えるとき、どのような心理状態が頭に浮かぶでしょうか。その人との永遠の別れに直面する苦悩であったり、残された自分のその後の生活への不安であったり、何もかも失ってしまったかのような虚無感かもしれません。いずれにしても、大切な人がこの世から消えていく悲しみと共に、それまでの様々な思い出が心に蘇ります。お葬式は、故人との時間を一旦清算し、また新たにその関係を構築し直す大切なきっかけの場です。

その一方でお葬式は簡略化が進んでいます。かつては新聞のお悔やみ欄で告知を出して、それを見た故人の知り合いがこぞって参列するといった列席者数の多い一般葬がメインでしたが、近年は家族以外に本当に親しい人にだけに連絡して小規模に執り行う家族葬や、中にはお葬式を省略して火葬のみを行う直葬というスタイルが増えてきています。時代の流れはお葬式のあり方にも変化をもたらし、より効率良く簡素なタイプが好まれる傾向にあります。もちろん、たとえ小規模であってもお葬式における礼儀作法は一般葬と同様に存在しており、むしろ親しい人だけでねんごろに弔いができますので一般葬同様に礼儀作法が重視されます。

お葬式は、心の底から故人との別れを惜しむだけではありません。この世で出会えたことや共に過ごした時間に感謝し、肉体的には離れ離れになっても残された者たちが忘れない限り気持ちはつながっていて、故人が別の世界から見守ってくれているのだという、いくつもの思いを遺族や参列者が実感する場です。お葬式を縮小していくのは現代人のライフスタイルに合致しているので、決して悪いことではありません。そもそも簡略化は礼儀作法をないがしろにしているのでは決してありませんし、故人とのつながりをより強く感じられるものであるからです。

お葬式に最も必要なもの、それは故人を思う心、たったそれだけです。お金をかけてもかけなくても、参列者が多くても少なくても、残された人たちが故人とつながりをもてたことを心の支えとして生きていこうとする姿勢が大切なのです。そして、礼儀作法を通じて遺族と参列者が故人へのそのような思いを共有し合いますので、形式や規模に関係なくお葬式において故人に対して礼をもってお別れするのは当然のことです。礼儀作法は宗教別に違いがありますが、故人を送り出すというお葬式の場においては、そのスタイルに合わせるのは故人に対する最大の礼儀です。

最新ニュース